2018年6月のフラット35の金利は5月から少し上がり1.37%でした(返済年数21年以上、融資率9割以下の最低金利)。大手都市銀行の変動金利は0.625%ですが、みずほ銀行のネット専用金利だと0.525%となります。

f35_201806

先月5月は、借換用の変動金利でりそな銀行が0.429%に下げたのに対抗し、月の途中で住信SBIネット銀行が0.428%で金利を下げるという面白い動きがありました。今月も変動金利は先月と変わらず、住信SBIネット銀行の0.428%が表面上は最も低い金利となっています。ただ手数料や金利優遇条件等も踏まえた実質金利で比較すると必ずしも、住信SBIが1位となるわけではありません。5月は借換コンサルティングを3件行ったのですが、各相談者様の条件で変動金利のトータルコスト1位は他の金融機関になっていました。金利が低く見えるからといって必ずしもそこが最も有利になるわけではない、という点には注意が必要です(なお、変動金利を選んだ方は1名のみで他の方は10年固定と全期間固定への借換でした)。