2017年12月のフラット35金利は前月から少し下がり1.34%でした(返済年数21年以上、融資率9割以下の最低金利)。

f35_201712

変動金利は相変わらず0.625%程度が多いですが、借換用の変動金利では先月、今月と競争が見られます。りそな銀行の変動(WEB限定プラン)の金利は0.440%ですが、今月住信SBIネット銀行の借換用の変動金利は0.439%と0.01%、りそなよりも下げてきました。絶対に1位になってみせる、という意思表明のように思えました。

みずほ銀行が地方での住宅ローン業務撤退というニュースや、三菱UFJ信託の住宅ローン撤退等のニュースがありました。住宅ローンの金利引下げ競争の激化→収益圧迫が顕在化しはじめたかなという印象があったのですが、現状、金融機関の収益悪化→金利上昇という因果関係は見られないように思います。

とはいえ、今後、どうなるか不透明なところもあります。先月も今月も住宅ローンの借換相談はとても多くなっていますが、借換を検討している方は早めに動いた方がよいかもしれません。当社では、変動金利から全期間固定や10年固定に借り換えをして、金利上昇リスクを回避するという借換も多いです。

住宅ローンの借り換えについてはLINEによる無料相談も行っていますのでお気軽にご利用ください。