銀座、千葉でのFPへの住宅ローン相談

離婚による住宅ローン借換え、一本化

離婚後の住宅ローンのお悩みを専門家が解決します

離婚による住宅ローン借換え、一本化は簡単にはできません。当社の経験豊富な住宅ローンコンサルタントがお悩みを解決します。

  • 夫婦ペアローンで借りている(夫婦それぞれがローンを1本ずつ借りる形)ものを1つにしたい
  • 連帯債務で借りているものを単独の債務にしたい
  • 連帯保証人になっているものを外したい

といった場合のお手伝いをしています。

離婚に伴う住宅ローン借換の問題点

離婚による住宅ローン借換、一本化で一番問題となるのは収入に比べて借入が多くなってしまうため審査に落ちてしまう、という点です。例えば次のようなケースでは、夫1人で4,000万円を借りられるだけの収入があるか、が大きな問題となります。

また、そもそもペアローンや連帯債務のローンを単独のローンに借り換えできる銀行が少ないというのも問題です。

二人の住宅ローンを単独のローンに借り換える場合の問題点

  1. 1人のみの収入で借入が可能なのローン金額になっていない場合が多い
  2. そもそも、ペアローンや連帯債務のローンを単独ローンに借り換えるのを認めない銀行が多い

住宅ローンのプロが借換可能な銀行を探します

離婚に伴い夫婦ペアローンを夫単独のローンに借り換えたいというXさん。ローン総額は4,000万円、年収500万円で、車のローン等住宅ローン以外の借入はありません。Xさんが借換ができるかを調べてみると以下のようになりました。多くの銀行ではそもそも「単独ローンへの借換」はダメ、としています。単独ローンへの借換を認めているところでも、借りられる金額は希望額に届かないところが2行ありました。そんな中、F銀行のみは4,500万円まで借りられそうだということがわかりました。

※いくらまで貸してくれるのかは銀行では公表していませんが、弊社の過去の経験から予測する数値に基づき試算しました。

弊社の仕事は「F銀行」にあたる金融機関を探すことです。

ご相談の流れ

まずは以下の情報をお調べいただき「離婚でのローン一本化の可能性があるか」を弊社にお問合せください。可能性があるかどうかのざっくりした判断は無料で行います(あくまでざっくりした判断になります、ご了承ください)。

  • 現在のローンの残高(返済予定表等の資料で確認できます)
  • 現在の年収(源泉徴収票で確認できます)
  • 住宅ローン以外の借入(車、カードローン)の毎月返済額

お問合せはこちらから

可能性がありそうな場合、弊社の有料コンサルティング(成功報酬制)のご利用もご検討ください。

離婚後の住宅ローン借換サポート:融資額×2%(20万円~)

19224790_1552260948147169_6940767561196911209_n
金融機関の調査、申込手続きや契約手続きのサポート、関係する専門家(司法書士等)の紹介等を行います。
※成功報酬制のため、審査に通らない場合は報酬は不要です。

相談は土日祝日が多いです。 TEL 050-3852-6296 受付時間 9:00 - 17:00(土日・祝日は電話はつながりません)
メール m_inoue@fp-altru.jp 、問合せフォームもご利用ください!

PAGETOP