2020年8月のフラット35買取型の金利は1.31%と先月の1.30%から少しだけ上昇しました(返済年数21年以上、融資率9割以下の最低金利)。

フラット35の金利はわずかに上がりましたが、他の銀行の全期間固定金利は下げたところもあります。10年固定なども下げてきたところがあります。

ジャパンネット銀行の0.380%はじめ変動金利の低さが目立ちますが、金利はしばらく上がりそうにないと予測して変動金利を選ぶのは、合理的ではありません。

金利種類の選択では自分たちの家計が金利上昇リスクを取れるのかどうかをきちんと考える必要があります(弊所の有料コンサルティングご利用時には金利上昇リスクが取れる家計になっているかどうかは、毎回可視化してお見せしています)。