2013年3月9日、住宅展示場(練馬ICハウジングギャラリー)でセミナー&相談会を行いました。午前中はセミナーで、テーマは「知っておきたい、相続・贈与の節税術」。相続税、贈与税の改正について話をしました。相続税は基礎控除(非課税枠)の縮小、最高税率の引き上げで負担が重くなる人が増える反面、小規模宅地の特例の限度面積は240㎡から330㎡に拡大されるという軽減策もあります。セミナーではそうした相続税、贈与税の最新動向をお話しました。

また、住宅取得資金の贈与については、2013年は700万円まで(通常の贈与税非課税枠110万円と合わせると810万円まで)は非課税枠があります。教育資金の一括贈与についても1500万円までは非課税で行えます。こうした贈与税の特例や、何年かに分けて贈与税の110万円の非課税枠をうまく活用した相続税対策の事例を紹介しました。

午後に行われた相談会では親の相続に関してどれくらいの相続税がかかりそうなのかを知りたいというご相談、これから二世帯住宅を建てたいが、相続で争いが起きないようにするためにどんなことを気をつけるべきか、というようなご相談がありました。

20130309