2014年10月4日(土)にマネくらお金の勉強会にて、「投資信託の選び方 アクティブ投信とインデックス投信」というタイトルでセミナーを行いました。

アクティブ運用型投資信託とインデックス投資信託の違い、それぞれのメリット、デメリットを解説した後、実際の利回りデータを参考に、アクティブ型とインデックス型のどちらを選ぶべきかを解説し、インデックス型の方が無難である、という資産運用の教科書ではよく書かれている点について説明を行いました。

その後、インデックス投資にも限界がある、ということで、インデックス投資は常にバブルになっている、銘柄入れ替えのデメリット、株価は本当に今後も上がるのか、といった論点について解説を行い、ただやみくもにインデックス投資をやっていればいい、という風潮は間違っているのではないか、という考えをお伝えしました。

最後に、以上を踏まえてどのように資産運用に投資信託を取り入れていくべきか、について解説を行いました。

【セミナー受講生の声】

・投資信託のことを全く知らない私がスムーズに理解できてよかったです。今日の勉強会で学んだことを基本として、投資手段の1つとして身につけていけたらと考えています。

・プロの経験者の運用方法などを聞き、自分の知らないやり方を知り、視野が広がりました。

・投資信託については今まで内容をきちんと知りませんでした。自分がやっている401kの投資も、アクティブ型、インデックス型の違いを知らないがためにメリットが低い投資をしていたことに気づかされました。投信を利用するにあたり、いかに手数料の安いところを見つけられるか、今後も注目していこうと思います。

・投資信託は元々やる予定がなくて調べていなかったのですが、井上さんの経験も含めたお話を聞けて、知見が広がってよかったです。

・投資信託に対する考え方が学べたのが良かったです。相対収益、絶対収益という考え方があるのは知りませんでした。